ホルモンバランスの安定を|育毛剤を利用して頭皮環境を整えよう!発毛サイクルの正常化を目指す
男の人

育毛剤を利用して頭皮環境を整えよう!発毛サイクルの正常化を目指す

ホルモンバランスの安定を

女の人

リスクが高まるタイミング

女性が薄毛になりやすいのは出産後や更年期を迎える頃です。もちろん、それ以外のタイミングでも薄毛になる可能性はありますが、この頃に女性ホルモンの分泌量が減少することで薄毛が引き起こされやすくなります。女性ホルモンは一カ月という短い時間だけを考えても、日々少しずつ変化をしています。多少の変化なら体調等に影響を及ぼすことも少ないのですが、変化の幅が大きくなると様々な部分に影響が現れます。その一つが髪の毛であり、高齢になると髪の毛が薄くなることが多いのはこのためです。なぜ女性ホルモンの分泌量が減少すると薄毛になるのかという点については、体内の男性ホルモンとのバランスが変化して男性ホルモンの影響を強く受けるようになることが関係しています。

必要な時に必要なケアを

女性ホルモンは変化しやすいものであり、出産後にも大きな変化を迎えます。このタイミングで薄毛を発症する人がいますが、女性ホルモンの分泌量は次第に元に戻っていきますので安定すれば薄毛も改善されます。心配なのは更年期を迎える頃の薄毛です。このタイミングで女性ホルモンの分泌量が減ると、もう増える見込みはありません。そうなれば適切なケアを行わないと薄毛が進行する可能性が高くなりますので、必要なケアを考えなければなりません。薄毛対策では原因を排除することが改善につながりますので、女性ホルモンを補う方法が良い解決策となります。これには色々な方法がありますが、育毛剤を塗布したり食べ物を選ぶことで補う方法が一般的です。